人生の岐路に立った私にいろんなことを教えてくれる、百合の長財布


このお財布をオーダーしたとき、 私は人生において、自分の生き方を大きく変化させないといけない岐路に立っていました。 とても、オーダーメイドのお財布を注文するような心理状態ではなかったのですが、 だからこそ、何か常に、目に、そして手に触れるもので、 自分にとってお気に入りの大切なものが欲しいと思っていました。
また現実的に、ごちゃごちゃしたポケットや付属品のない、 シンプルな長財布を探していたのですが、 これがなかなか見つからない。
それならいっそのこと世界でたった一つの自分だけのお財布を作ってもらえるなら、そんな素敵なことはないだろう!と思い立ったのでした。

鞄職人の香さんは、お財布のデザインや、私がどんなものが欲しいかというお財布の話とともに、 今抱えているお財布とは全然無関係な話もたくさん聞いてくださいました。 それがなんというか、プロのヒーラーやセラピストさん以上の力量で、 たくさんそういうメンタルこともお勉強されてらっしゃるのもあるし、 なにより香さんの器の大きさというか、 いろんな心の内を話して聞いて頂いてる時間は、とても深いセッションしていただいてる感じでした。
そういう、メンタルな話も聞いてくださりながら、 そういうのも踏まえて、私の欲しいお財布のイメージもどんどん膨らませていただき、 デザイン画を送ってきてくださったときには、 私の想像以上のもので、 これが本当に創れるんですか?っていう質問すらしてしまいました。

想像以上だったと感じたのと同時に、これが私の一部なんだ、「私」を表現したものが出来上がるんだという喜びも感じました。 自分を表現してもらうことの喜びというか。 いろんなお話を聞いてもらった後の、創作だったことから、 私の悩み多いいろんな部分から、こんな「良い」ものを拾い出して、創り出してくださったことへの感謝の気持ちがとても溢れてきたことが 今でも忘れられません。

次に、お財布のデザインに合った、素材や、裏地、そういう材料について決めて行きました。 基本的には全てお任せでしたが、 素人でもわかるように、そういう素材の説明をしてくださり、 一つずつ納得しながら、決めてくださいました。 ただ、提案されたものは、自分のイメージを超えるものでしたので、 ああ、それでお願いします・・というやりとりが多かったと思います(笑)

本当は一度くらいは、デザインの決定と素材選びの段階で、お会いできる機会があればよかったかなとも思いますが、 香さんとは面識もあったので、 どういう方に作っていただいてるか、、そういう不安は全くありませんでした。 デザインも、材料もほぼ決まり、これが創られるんだ、、となったとき、
作り始めてからの楽しみはなんといっても、 香さんがその都度、ブログやFBにその経過をアップしてくださったことです。 皆さんが出来上がりつつあるお財布を褒めてくださったりすると、自分が褒められているような嬉しい気持ちにもなりましたし、 その工程そのものが本当に楽しく、 出来上がりまでの時間を楽しめる、素晴らしい時間になりました。

これは、今までのどんなオーダーメイドの楽しみより、 画期的なものではないでしょうか?

自分だけの世界にたった一つのお財布が創られていく様子が 自分でも確認できて、さらに世界に発信されているって、 本当にワクワクしました。

そして、ある日、何故か突然、 我が家の庭に白い百合が咲いていることに気づいた、 その日に、完成した「百合の財布」が届きました。 そういうシンクロも不思議ではないような、素敵なお財布でした。

手に取ってみると、 ハンドメイドの温かさと、これは「私の財布」という何ともいえない感じと、そのお財布そのものが放つ「高貴さ」のようなものがあって、少しすぐに使うのをためらったのですが、 今は鞄の中に入れて、使うようになりました(笑)

真っ白なお財布なので、今使っている黒い鞄の中でひときわ光って見えます。 いつまでも、ずっと見とれてしまうような、そんなお財布で、 まだ少し、ちょっとお高くとまっている感じもするのですが(笑) 時を経るごとに、このお財布は私にもっと馴染んでくると思いますし、 いろんなことを教えてくれるのではないか、 そういう存在感があります。

そして、このお財布を馴染んで使うようになった私が、今の私になんて声かけるだろう、どんなことを伝えたいと思うだろう、、 そんなことを想わせるのです。

こんな素晴らしいお財布を作ってくださった香さんには本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。 私の中の「良いもの」を見出して、表現してくださったこと、 そしてこうして触れるものとして、創り出してくださったこと、 これからも素晴らしいお仕事として、たくさんの方の創作をしていただきたいと思います。

160228-02